葬儀用語辞典

葬儀に関する専門用語を解説

灯明  とうみょう
神仏に供えるともしび。灯明は、かつては松の油を用いた松灯台だったが、今日では燭台・輪灯・灯篭が、使われている。
輪灯や灯篭は、油皿にイグサからとったとトシビという芯を入れて燃やす。
しかし一般の家庭では、ほとんど豆電球で代用している例が多い。
灯明を消す場合、浄火ですから息を吹きかけず、手や小さな扇で消す。
輪灯や和ローソクは芯切り箸で挟み、消壷の中に入れる。

葬儀用語辞典のトップページへ戻る

葬儀の無料事前相談受付中 365日24時間受付中です 096-237-4449

このページの先頭へ戻る