葬儀用語辞典

葬儀に関する専門用語を解説

院号  いんごう
院号とは、教団やお寺に「貢献のあった方に贈られる」ものであります。院号の始まりは、退位して出家した天皇の御所の呼び名だと言われており、戒名に「院」の付くものであり、最上の尊称とされているものです。今日では社会的に大きく貢献した人や、寺院に対する貢献が顕著で、信仰心の非常に篤い人また多額の寄付等による一時的な功労者にまでつけられるようになった。院号を最初に贈られたのは嵯峨天皇とされている。臣下では関白藤原兼家が「法興院」と称したのが始まりである。また院号の代わりに○○庵、○○軒、○○斎、○○亭などを使う場合もある。

葬儀用語辞典のトップページへ戻る

葬儀の無料事前相談受付中 365日24時間受付中です 096-237-4449

このページの先頭へ戻る